犬・猫のワクチン接種・ワクチンの抗体価検査について

ネット社会になり情報が簡単に手に入る時代になったため、どの情報が正しくまた誤っているのか、判断が難しいと思います。そんな時は、気軽に動物病院に行きましょう。お家で飼われているわんちゃんやねこちゃんにとって何がベストなのか一緒に考えましょう。

 

ワクチンの種類

dog_cat_nakayoshi2
予防する感染症の種類は生活環境や地域により異なりますので、接種前にご相談ください。当院ではワンちゃんは5種混合ワクチンまたは、7種混合ワクチンを接種させていただいております。ネコちゃんは3種混合ワクチンまたは、5種混合ワクチンを接種させていただております。

 

ワクチンには、病原体の毒性を弱くした「生ワクチン」と、感染能力を無くした「不活化ワクチン」があります。
生ワクチンはワクチン接種後に体の中で病原体が増える(増えても感染・発症することはありません)ため、比較的強い抵抗力(免疫)が付きます。
一方、不活化ワクチンは体の中で増えることがないため、安全性は高いものの、得られる抵抗力(免疫)は強くなく、効果が持続しにくいというデータがあります。

 

院内の窓口にてワクチンで予防が可能な病気についてのパンフレットや手帳を配布させていただいてます。

 

コアワクチンとノンコアワクチンについて

 

【コアワクチン】
すべての犬猫に接種すべきワクチンで、全国で発生している重篤な疾病から動物を守るべきもの。
◎犬:犬ジステンパーウイルス、犬アデノウイルス、犬パルボウイルス2型
◎猫:猫汎白血球減少主ウイルス、猫カリシウイルス、猫ヘルペスウイルス

【ノンコアワクチン】
ワクチンで予防可能な病原体で、その病原体に暴露される危険性のある個体に接種すべきワクチン。
◎犬:レプトスピラ、パラインフルエンザ
◎猫:猫白血病ウイルス、クラミジア

 

ワクチン接種の目安と接種方法

 

【犬】 子犬 成犬
混合ワクチン
1回目:生後60〜70日前後
2回目:生後100日頃
3回目:生後120日以降
年1回の追加接種または抗体価検査
狂犬病予防接種 生後90日以降に接種し、役所への登録が法律で義務付けられる 登録後は年に1回予防接種時期に通知状が届きます

子犬の場合、生後すぐからしばらくは初乳を飲んで得られた母子免疫があり、ウイルスから守られています。しかし母子免疫が切れる頃(生後約120日前後)にはワクチン接種が必要となってきます。1回の接種だけでは充分な抗体(抵抗力)が作れないため、1ヶ月毎に2〜3度、追加接種を行います。

【犬:現在の理想】

1、初年度生後2ヵ月齢から4ヵ月齢の間にワクチンを~3回接種する。
(最終接種を16週齢以降とする)

2、可能なら最終接種後、4週間以上の間隔をあけて血液検査で抗体チェックを行います。検査の結果、抗体値が感染予防の基準を満たしてれば1年毎にワクチン接種または抗体価検査を行う。
・コアワクチンは抗体値が基準値以下になったら追加接種します。

・ノンコアワクチンは1年毎に追加接種します。

 

 抗体値が基準に満たなければ他の種類のワクチン接種を行いその後抗体値を測定します。

 

 

⇨ 子犬の予防スケジュール

⇨ 成犬の予防スケジュール

 

 

【猫】 子猫 成猫
混合ワクチン
1回目:生後60日前後
2回目:生後90日頃
3回目:生後120日頃
年1回の追加接種または抗体価検査

子猫の場合、生後すぐからしばらくは初乳を飲んで得られた母子免疫があり、ウイルスから守られています。しかし母子免疫が切れる頃には(生後2ヶ月~4ヶ月くらい)ワクチン接種が必要となってきます。1回の接種だけでは充分な抗体(抵抗力)が作れないため、1ヶ月毎に2度追加接種を行います。成猫の場合、一年に一度追加接種する必要があります。しかし予防接種が初めての成猫の場合、1回の接種だけでは充分な抗体(抵抗力)が作れない可能性が高いため、1ヶ月後にもう一度接種することをお勧めしています。

※5種混合ワクチンの初回接種時前には、猫エイズ・白血病ウイルス検査を行うことを推奨しております。

【猫:現在の理想】

  1. 8週齢以降で1回目のワクチン接種。
  2. その後4週間の間隔をで2回追加接種。
  3. その後は1年毎にワクチン接種または抗体価検査を行います。

 

*採血が困難な犬や猫の抗体価検査については要相談とさせていただきます。

⇨ 子猫の予防スケジュール

⇨ 成猫の予防スケジュール

 

 狂犬病の注射と混合ワクチンの同時接種について

よく質問いただくのですが、狂犬病予防注射と混合ワクチンの同時接種は基本的に行いません。
理由は、

  • メーカーが違う製剤(ワクチン)のため同時接種による安全性は確認されていない。
  • 万が一副反応が出てしまった場合にどちらが原因か分からない。

 

その為、
狂犬病ワクチン(不活化ワクチン)を接種した場合は1週間以上、

混合ワクチン(生ワクチン含む)を接種した場合は1ヵ月以上、

の間隔を空けてからであれば他の種類のワクチンを接種することが可能です。

 

 ワクチンの抗体価検査について 2019.7月より開始

ご希望の場合は、来院前にあらかじめご連絡ください。

 ワクチン抗体価検査とは

体内に今現在どれくらいの抗体(抵抗力)が残っているかを調べる検査です。

 

数値によって、

  • ワクチン効果が不十分
  • ・現時点でワクチン効果があるが、1年以内の接種もしくは再検査が必要
  • 十分なワクチン効果が認められる

といったクラス分けをして数値とともに結果をお送りします。

 

この数値を把握することで、

  • 初年度ワクチン接種(2~4回)を終えた子犬の重要な感染症に対する抵抗力
  • ・治療や体質など様々な事情でワクチン接種を避けたい犬の重要な感染症に対する抵抗力

を把握し、外出やほかの犬との接触について判断することができます。

つまり、抵抗力がしっかり体内にあれば、月齢の低い子犬でもお散歩デビューが可能であるという判断ができますし、ワクチンが打てなくても抵抗力があれば通常の犬と同様に他犬との触れ合いや屋外散歩も可能であると判断できます。

 

 抗体価検査前の諸注意

1、検査には血液の採血が必要です。
2、検査費にはワクチン接種の費用は含まれておりません。
3、検査のご報告には1〜2週間ほどかかります。抗体価検査の結果、抗体が低い場合には後日ワクチン接種が必要になります。

4、ワクチンの抗体価検査のためには、以前打ったワクチンの種類を教えていただく必要があります。当院でワクチンを打ったことがない場合、ワクチンの証明書をお持ちいただくか、ワクチンを打った動物病院に必ず確認してからお越しください。

5、ゴールデンまたはシルバーウィーク、年末年始やお盆など検査機関がお休みに入ってしまう場合、検査ができないこともあります。長期休みの前や長期休み中に検査を希望される場合には、事前にご確認お願いいたします。

6、狂犬病ワクチンについて
狂犬病予防法により毎年の接種が義務づけられているため、特別な理由(狂犬病鑑定試験、海外への渡航・移住など)がない限り抗体検査は行いません。

 ワクチンを毎年接種するメリット

① 1年で効果が切れてしまうワクチンがある

混合ワクチンの多くが生ワクチンと不活化ワクチンが混ざったものになります。特に不活化ワクチンは効果が1年程度しか持たないというデータがあります。レプトスピラ症に関しては病原性が強いため、不活化ワクチンのみの取扱いになります。また、ノンコアワクチンと呼ばれるパラインフルエンザワクチンなどは1年に1回の接種しないと効果が持続しないとも言われています。このことから1年に一回の接種が一般的になっています。

 

② 日本でのデータが乏しい

コアワクチン(ジステンパー・パルボ・アデノウイルスに対するワクチン)への3年に1回接種は、北米やヨーロッパを中心とした獣医師の協会「WSAVA」(World Small Animal Veterinary Association)が提唱するワクチンプログラムです。ただし、日本のワクチンでのデータが乏しいため、日本でも本当に3年に1回の接種で問題は起こらないのか疑問が残ります。

③ 抗体価検査のための費用が高い

抗体価検査のための費用は高く、すべての抗体価を調べるためには2〜3万円位はかかってしまします。
その為、当院では感染した場合、重篤な症状を引き起こす可能性が高い、3つの感染症(ジステンパー・パルボ・アデノウイルス)に対してのワクチン抗体価検査を提案させて頂きます。

④ 抗体価検査は100%信頼できるものではない

抗体価検査では、どれくらいの抗体(抵抗力)が残っているか量を調べることができます。血液中にどれくらいの量があれば、感染を防げるだろうというデータの目安にはなりますが、100%感染しないと言い切れる検査ではありません。

 

⑤ ペットホテルやトリミング、ドックラン(カフェ)など場所によってはワクチン接種が必要な場合があります。

ペットホテルやトリミングで預ける場合、1年以内にワクチンを打っていることが必須条件とされていることも多いです。各施設で対応が違う為、確認が必要です。

 

 抗体価検査のメリット

 不要なワクチンを打たなくて済む

抗体価検査をすれば、ワクチンが必要か不必要かがわかります。不必要な注射を避けられるというのが、抗体価検査の最大で唯一のメリットです。これは、特に今までワクチンで副作用の出てしまった犬や、高齢でワクチンを打つのが心配な犬には非常に大きなメリットになります。

 

 今後、ワクチン接種はどうしたら

抗体価検査にもメリットもデメリットもあります。今後もう少しデータが集まってくることで、ワクチンは3年に1回でもよくなる可能性も高いのではないかとは思います。ただし、すべての子に3年に1回でよいわけでもなく、今のところは、3年に1回でもいい子がいるという程度に考えていただいていた方がいいと思います。

 

 

病院からのお願い

お預かりや入院の際は1年以内に混合ワクチンを受けていることあるいは、当院での抗体価検査の実施をお願いしております。急なお預かりや入院、愛犬・愛猫のために、1年1回の混合ワクチンの接種またはウイルスに対する抵抗力の確認(抗体価検査)が大切です。