定期健康診断について

健康診断|西山動物病院|流山市・松戸市・柏市

健康診断のご案内

準備中

人間ドックと同じように、犬や猫も定期的な検査が重要です。しかし、受診が難しい方も多いと思います。ワンちゃんやネコちゃんは『最近、なんだか調子が悪い・・・』とは言ってくれません。

飼い主さんが『調子が悪そう』と感じたときにはすでに病気が進行していることが多いと言われています。血液検査は、『一見わかりにくい健康状態』を調べるものです。動物たちが隠している痛みや不調もいち早く見つけることができるので、元気そうに見えるときに受けていただくことがオススメです。

 犬猫の年齢別死因のトップ3について

 

7〜10歳
1位
悪性腫瘍(ガン)
腎・泌尿器疾患
2位
循環器疾患
悪性腫瘍(ガン)
3位
消化器疾患
内分泌(ホルモン)疾患
11〜20歳
1位 悪性腫瘍(ガン) 腎・泌尿器疾患
2位 循環器疾患 悪性腫瘍(ガン)
3位 腎・泌尿器疾患 消化器疾患

 

当院ではジャパンケネルクラブのデータを基に年齢に合わせた健康診断を実施したいと考えております。少しでも早期発見するために年齢に合わせて健康診断の内容を変えていく必要があるのではないでしょうか。

血液検査は何回も受ける必要があるの?

健康診断(血液検査・レントゲン検査・エコー検査・尿検査・便検査)|西山動物病院|流山市・松戸市・柏市

健康診断(血液検査など)の目安

『血液検査』の数値は常に変動するものです。異常を早期に発見するためには、定期的に受ける必要があります。また、定期的に受けることでその子の「ふだんの数値」を知っておくことが大切です。

参考値との比較だけでなく「ふだんの数値」との比較で病気が見つかることも少なくないからです。※あくまでも目安です。

血液検査の結果はどう見るのですか?

血液検査の結果表は飼い主さんには理解しにくいものです。せっかく受けた検査ですから普段の健康管理に活かせないのはもったいないですよね。気になることはお気軽にご質問ください!

 

 

対応可能な検査の一覧 ※  クリックすると検査の説明に移動します。

・身体検査

体重測定、心拍数、呼吸回数、聴診、触診など五感を使った検査です。

通常の診察中にも同様の検査を行います。

血球検査

血液生化学検査

・尿検査

・便検査

・心電図検査

・血圧測定

・レントゲン検査

・超音波画像検査

が可能です。

当院では年齢別の好発疾患や疑わしい病気に合わせて検査を組み合わせることも可能です。以下のセットに分けて基本的な検査から詳しく精査できるものまでをご用意しています。詳しくは獣医師にお問い合わせください。皆さんのペットがより快適な毎日が送れるように私たちがサポートさせて頂きます。

 

コースのご紹介

犬 Dコース (基本セット)

所要時間 10〜20分ほど 【 随時受付 】

 

基本セット 循環器セット シニアセット
身体検査
血液検査 24項目 24項目 27項目
尿検査
便検査
エコー検査 ◯  (腹部のみ) ◯ (胸部・腹部)
レントゲン ◯  (胸部のみ) ◯ (胸部・腹部)
血圧測定
心電図検査
ホルモン測定

※  安心セットおよびシニアセットは検査前の諸注意がありますので、検査を希望される方は事前に病院までご連絡ください。

基本セット 安心セット シニアセット
身体検査
血液検査 19項目 項目 27項目
尿検査
便検査
エコー検査 ◯  (腹部のみ) ◯ (胸部・腹部)
レントゲン ◯  (胸部のみ) ◯ (胸部・腹部)
血圧測定
心電図検査

※  安心セットおよびシニアセットは検査前の諸注意がありますので、検査を希望される方は事前に病院までご連絡ください。