避妊・去勢手術について

避妊・去勢手術手術によりワンちゃん、ネコちゃんと飼い主様双方のストレスを減らすことができます。

手術のメリット

雌犬

  • 発情時の出血がなくなる
  • 発情に伴うストレスからの解放
  • 食欲低下(偽妊娠からくる行動)などがなくなる
  • 卵巣、子宮疾患の予防
  • 乳腺腫瘍の発生の減少

雄犬

  • オス特有の病気の予防
  • 発情のストレスがなくなる
  • 攻撃性の低下
  • マーキング、マウンティングの減少

雌猫

  • 望まない妊娠を防ぐことができる
  • 発情時の鳴き声がなくなる
  • 卵巣、子宮疾患の予防
  • 乳腺腫瘍の発生の減少

雄猫

  • オス特有の病気の予防
  • 発情のストレスがなくなる
  • 望まれない繁殖を防ぐことができる
  • 攻撃性の低下(性格が穏やかになる)
  • マーキングの減少

手術のデメリット

  • 太りやすくなる
  • まれに尿漏れなどがみられることがある

手術の時期

子犬・子猫

  • 避妊も去勢も、初回発情前(生後6~7ヶ月)が目安です。
  • 犬・猫いずれも、初回発情前に避妊手術を行うと、乳腺腫瘍の発症を高い確率で予防できることがわかっています。
  • オスの場合、本能的行動が現れる前に手術をすることで、スプレー(猫)やマーキング(犬)をする癖がつかないといわれています。

成犬・成猫

  • いつでもできますが、メスはできれば発情中を避けて下さい。(発情中は普段より子宮が腫れているため、出血が多くなるからです)
  • 中年期(およそ5歳)以上になると、より詳細な術前検査が必要になる場合があり、犬や猫の体力を考えても、より早期に手術を行うほうがリスクは低くなります。